転移を防ぐためにも乳癌になったときの症状を押さえよう

こんな症状が起きる

癌は広がる病気

日本では癌にかかって命を落とす人が多いです。この癌の恐ろしいところは転移することで、放置してしまうとどんどん広がっていってしまいます。特に乳癌は女性に罹患する確率が多く、死亡率の増加が問題になっています。

病態への理解を深める

なぜ乳癌の死亡率が問題になってしまっているのかというと、乳癌の病態への理解が足りないからです。生体機能でよく働く臓器だと、癌細胞が発生してしまう恐れは十分あります。そのため、女性なら乳房に乳腺があるので、癌が発生する可能性を予測しておくべきなのです。

日本は発症率が高い

乳癌にかかって日本で死亡する確率が多いのは、女性に検診などが行き届いていないからです。産婦人科にかかって定期検診をする人も、他の先進国に比べると少ないといわれています。女性の病気への理解は、学校や職場での啓蒙活動が必要になってくるでしょう。

乳癌はこうやってステージが進んでいく

癌の発生

0期のステージでは、癌は乳腺の中にありそれが周囲の細胞に影響を及ぼすことはありません。これを放置していると周囲の細胞に浸潤していきます。この時に除去できれば影響はあまりありませんが、見つけにくいです。

第一ステージ

癌の大きさが直径2センチに成長するのがこのステージです。乳房の横にはリンパ節が通っていますが、この時点では癌はリンパ節には移ってはいません。乳房の中に収まっている状態を指します。

第二ステージ

乳腺の中に存在していた癌細胞が、どんどん大きくなり一円玉よりも大きくなってしまいます。この第一ステージも二つに分けられ、リンパ節に転移がある場合と、癌細胞が大きくても転移がない場合があったりします。

第三ステージ

このステージになると進行の状況が3つに分けられます。転移がなく腫れているだけの状態と、転移をして組織と結びつく症状もあれば、皮膚がむくむ症状が出るのもこの時期です。その他にはわきや胸骨に転移があることもあります。

第四ステージ

近い臓器だけでなく、遠く離れた脳や骨にも転移が及びます。これは、癌がリンパ節に乗ってどんどん広がる様を現しているのです。リンパ節は体中に張り巡らされており、対策がうまくいかないと広がってしまうのです。

広告募集中