転移はリンパ節に起こるので乳癌では慎重に検査をします

再発を予防したい

癌というものは再発しやすいので、一度治療したからといって安心ではないのです。乳癌のリンパ節への転移がみられる場合、現在ではよく行なわれている方法があるのでチェックしてみましょう。

リンパ節への転移

腋窩のリンパ節

癌の転移というものは、おおまかにいえば癌が発生した部分に近い場所に起こります。乳癌でいえばそれは腋窩のリンパ節です。転移をしているというと状態があまり良くないように感じますが、腋窩リンパ節に癌が発生したからといって必ずしも悪いというわけではありません。

全除去をする

リンパ節に転移している場合は、リンパ節郭清を行なうことが一般的です。郭清とは全て取り去るということですが、乳癌の転移が見られるようになると乳房の周囲にあるリンパ節を切除します。最近までは後遺症の心配もありあまり行なわれていませんでしたが、再び注目されています。

状況を見て切除する

かといって、リンパ節に転移しやすいので術前に全て取り去ってしまうことはあまりありません。転移は必ずしも腋窩リンパ節を通るわけではないので、必要以上に切除することは勧められていません。しかし転移をしていた場合、郭清をすることで再発防止になるといわれています。

広告募集中