出産を予定している人は乳癌や転移について知っておくべき

妊娠中の発覚

いつ発症するか分からない

乳癌になりやすい年代やタイプはいます。家族に癌になってしまった人がいるという人も、癌家系であると予測できるので、注意が必要です。しかし、発症は基本的には予測できないものです。細胞が悪性腫瘍になる原因も未だに分かっていませんので、いずれにせよ皆が気をつけるべきだといえます。

妊娠中だと心配

妊婦さんは迂闊に風邪も引くことができませんので、余計に乳癌になってしまったらどうしようと考えてしまう人は多いです。転移するといけないので堕胎しなければいけないのではないかと考える人もいますが、悪性腫瘍が発見されたとしても子供を生むことはできるのです。子宮がんならそうなる可能性もありますが、最近では十分なサポートが受けられます。

医師と連携をとる

もし妊娠初期に乳癌が見つかったのであっても、あまりできる対策はありません。安定期を経て後に具体的な対策に入っていきます。もちろん、これは医師との連携が必要です。初期の場合、妊娠の継続をするかも判断されることになるので、相談しましょう。

本格的な治療は出産後

治療をすると妊娠に影響が出るのではと心配する人もいますが、本格的な乳癌治療は、出産後に行なわれます。転移を防ぐための対策が妊娠中には行なわれますので、放射線治療はできないのです。基本的には手術をして、それから化学療法を進めることになります。

広告募集中