乳癌の手術後は転移のことも考えて定期検診が必要です

精密になってきている検査

以前まで、癌は不治の病とも恐れられた存在でした。しかし、最近では高度な医療技術によって完治できる病気になっているのです。完治できる病にするためには、定期的な検診を受けることも大切ですので、検診についての理解を深めましょう。

予防でも術後にも必要

予防するための検診

乳癌を早期発見するためには、定期的な検診が必要になります。最近地方自治体では、無料で検診を実施しているというところが多いので、積極的に活用していきましょう。地方自治体が支援する検診があれば、今まで検診をしたことがないという人も気軽に受けられます。

40代以降が発症しやすい

定期検診のお知らせは二年に一回届きます。しかしこれはあくまでも最低の回数なので、心配な人は一年に一回受けても良いです。発症率が高くなるのは40代以降ですので、該当する人は積極的に受けるようにしましょう。

検査の内容

どのような検査が行なわれるのかというと、マンモグラフィが最も有名でしょう。それ以外にも問診や触診を行なうことになりますので、着脱しやすい服で出かけると良いです。その結果精密検査が必要であると判断されることも多いです。マンモグラフィと超音波検査は同時には行なわれないことが多いので、事前に調べておいた方が良いでしょう。

転移を防ぐための対策

もし乳癌になって手術などで完治したという場合でも、定期検診が求められます。これは転移をしている可能性を調べるためです。再発をすることもありますので、約10年間は定期検診を3~6ヶ月毎に行なう必要があります。

広告募集中